ホームジムマシンで後ろから見ても美しい外見を作る

昨日はホームジムマシンで大胸筋を鍛える為のチェストプレスや
マシンフライに ついて軽く触れましたが、今回はマシンフライが

行える構造のマシンだからこそ簡単に行えるリアレイズと言う
三角筋後部を引き締める為の種目に ついて書いて行きたいと

思います。


前回のブログ→ホームジムマシンで大胸筋を
引き締める/狭いスペースで筋肉を鍛える



マシンフライは昨日も書いた様に、腕を内側にググっと丸め込み
ながら引き寄せ合う事で大胸筋が強く収縮すると言う動作なのですが、

マシンを使ったリアレイズは、それの真反対の動きをします。


つまり、背もたれ部分に対して正面を向いてマシンフライの動作を
身体の背面に向かって行う、と言う物です。

三角筋後部を気軽に鍛えるトレーニングバリエーション


背中側に腕を引き寄せて行く事で 自ずと後部三角筋や僧帽筋が
ググッと強く収縮するので、後ろから見た時に 引き締まった

美しい背中のシルエットが出来る、と言う訳です。


三角筋後部を鍛えるリアレイズで背中を引き締める


通常、リアレイズをダンベルで行う場合はネガティブ動作は難しいの
ですが、マシンを使って行えば 腰に負担は掛からないし、


動作中の軌道も完全に安定していて同じ動きを反復出来るので
的確に三角筋後部に負荷を乗せ続けられるのです。


【ホームジムマシンを使ってリアレイズを行い、後ろから見ても
引き締まった美しい背中を作り上げる/ 自宅で鍛えるなら このマシン↓↓ 】


この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ