ホームジムマシンで大胸筋を引き締める/狭いスペースで筋肉を鍛える

前回はホームジムマシンを使って腕の筋肉である二頭筋と
三頭筋を鍛える方法について綴りましたが、今回は また

異なるホームジムマシンで大胸筋を鍛える、と言う事に
ついて書いて行きたいと思います。


前回のブログ→マルチホームジムマシンで
腕を引き締める/二頭筋・三頭筋


ここ数回に渡り 書いて来たホームジムマシンとは また異なる
ホームジムマシンで(と言うか、今回のが多くの標準的な

ホームジムマシンの構造です。)大胸筋を鍛える為の
チェストプレス部分がガッシリとした作りのアーム

に なって居て、グリップを握り そのまま前方に押し出す事で
大胸筋を収縮させることが出来ます。


【大胸筋をチェストプレスで引き締める/家の
小スペースで身体を鍛えるなら↓↓】





これは以前に書いたホームジムマシンとは異なり、ガッシリと
した作りのアームで行うので、軌道が完全に固定されていて、

以前書いたホームジムマシンの様には軌道を変える自由度は
低い、と言うか無いのですが、その分マシンの構造通りに


収縮・伸展の動作を反復すれば間違いなく目的の筋肉に対して
刺激を与え続けることが出来ます。


以前書いたチェストプレスに関するブログ→どれも同じに
見えるホームジムマシン/大きく異なるのは、この点



マシンの強みの1つは 正に『そこ』で、動作の軌道が分からなく
ても、マシンの構造通りに動かせば必然的に筋肉に強い収縮感を

与える事が出来るのです。


腕立て伏せとベンチプレス、ダンベルベンチ、マシンの長所短所


大胸筋を鍛えるのはチェストプレスだけでは無く、マシンフライの
動作でもググッ!!と強い収縮感を得る事が出来ます。


これも同じく頑強な作りのアーム部分を手で抑え、そのまま内側に
腕を丸め込む様にする事で大胸筋が引き締まります。


こうした自宅用のマシンを活用して大胸筋を鍛えて引きしまった
身体を手に入れましょうね。


【家の中で身体を鍛えるなら限られたスペースで幅広い
運動が行える こちらのホームジムマシンが効率的↓↓】



この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ