日々の疲れが溜まると生じる足底筋膜炎/痛む足裏をどう和らげる?

毎日忙しく動き続けて居ると、身体全体の疲れは勿論の事、
いつの間にか足裏まで疲れが溜まり、それが元で踵から

伸びる腱が炎症を起こしてしまう様に なります。


それが【足底筋膜炎】です。

足底筋膜炎で痛む足で道端の石ころを
踏んでしまった時の対処法



足裏の痛みだから別に どうと言う事は無いか・・・・。と
歩く考えてしまうと、これが膝や腰の痛みにも繋がって

どんどん拡散されてしまうので、非常に厄介なのです。


その原因として、足裏が痛むと出来るだけ痛まない様に
踵が地面に触れない様に(あるいは軽く触れる程度)

重心をズラしながら歩行する様に なってしまいます。


この重心のズラしが膝の負担、足首の負担、腰の負担に
なってしまうのです。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる


なので、その不安を和らげる為には厚めのサンダルを
履いたり、足首サポーターで足首から足底に掛けて

守る必要が あります。


こうした対処を普段からして居ると、ある程度足底に
掛かる負担が軽減されるので、その間に整形外科に

通院し、ブロック注射を打って貰って居ると、徐々に
症状が緩和されて行きます。


【大きめの足首サポーター(右用)で足底筋膜炎を
和らげるなら こちらから↓↓】






【大きめの足首サポーター(左用)で足底筋膜炎を
和らげるなら こちら↓↓】



この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ