足腰が痛む時の対策法/身体への負担を軽減するには?

今日は昨日とは異なり、朝から暑さを感じますね。


天気予報をチェックすると 気温も多少高いようです。


今日の温かい気候ではコタツの中でポカポカ温まって
いるよりも、むしろ外に出て日光を浴びた方が

快適に過ごせそうですね。



ここ最近の気候の様に 寒い日々が続いて居ると、どうしても
温かい布団の中や、コタツから抜け出せなくなってしまい

その間中、一定の姿勢で寝転がり続けてしまいがちに なります。


寝転がっている体勢は 負担から解放されて 気持ち良いですし、
腰が強烈に痛くて動けない時以外も寝転がって居たくなります。



寝ている姿勢は確かに、立っている状態や座っている状態に
比べて負担が小さいと思います。


何しろ、上半身からの負担を腰から下に位置する下半身が受け
止める必要が無いですし、猫背姿勢になる事で首や肩に余計な

負担が掛かる事も ありません。


しかしながら、寝ている体勢と言うのは、それはそれで腰や
首などに余計な負担が生じ得る事も あるのです。


布団の場合は体圧分散マットレスに寝て居れば ある程度は
腰が感じる硬さ、柔らかさと言う物は防げますし、


実際に普通の布団に寝るよりも遥かに負担少なく済み、楽に
寝れます。



コタツの場合は床に薄手の絨毯などを敷いて、その上に
寝転がってコタツの温もりを感じる事が多いでしょうから、


長時間寝転がって居ると、腰に床の硬さを感じやすく なって
しまいます。


それに加えて、コタツの場合はコタツの土台となる脚と脚の
幅の中で基本的に身体を動かしませんから、益々 腰への


負担が生じ易い状況で あると言えます。


血液の流れと言うものが関わって来るのですが、同じ姿勢で
長時間 居続けた場合に、仰向けでコタツや体圧分散マットレスの

上で過ごしたとしたら、身体の下側(仰向けの場合は背中側)の
重力が掛かって居る側に血液が溜まって行き、上手く身体に

循環され難くなってしまう訳ですね。



こうした血液が 一方向に偏ってしまうのは 良く推理物の漫画や
ミステリードラマで殺人事件が起きた時に死亡推定時刻を

割り出す為に、死斑を調べて推理をして そこから容疑者の
絞り込み~アリバイ工作を崩す推理へと繋がり~・・・・


と言う形で展開して行っていますね。


それだけ同じ姿勢で居続けると言うのは血液の流れが正常では
無い状態を作り出してしまうのです。


なので、そうした時に大切に なって来るのが寝返りです。


体圧分散マットレスに寝ている場合は、特に寝返りを遮る物も
無いので、自然にゴロン、と横向きに なれたりしますが、


コタツの場合は先程も書いた様に4本の脚があるので、意識的に
寝返りを打たないと 上手く身体の向きを変える事が出来ません。


コタツで ぬくぬくと温まるのは勿論 身体を冷やしてしまう事に
より、腰を痛めてしまうよりは遥かに身体を守るのに

有効だと思いますが、こうした事も意識して 足腰に知らない間に
負担を溜めない様に過ごさないと、どれだけ普段 車椅子で足腰に


負担が掛からない様に注意しながら過ごしていたとしても無駄に
なってしまうので、こういった面も意識して日々を送りましょうね。


この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ