腰を痛めた場合、何処まで病院に任せるか?日常でどう過ごすか?

日々の疲弊から身体全体が重苦しく感じたり、怠さが抜けない。
と言う日々が持続してしまう場合は、少しでも時間を見つけて


マッサージしたり、ストレッチを行ったりしたいものです。

疲弊した身体を解す/ストレッチや温熱療法で腰痛対策

そうした日常的なケアを施さないと、身体に蓄積した疲弊感が
いつまで経っても抜けない場合も あるからです。


疲労感が抜け無い場合、どうなるか?と言うと、肩凝りや
首元の張りが強く現れる事も あれば、腰や膝などに痛みが

生じてしまったり。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋


肩の凝りや 首の張りなども非常に厄介ですが、もっと日常を
苦しめるのは激しい腰の痛みだと思います。


日々生きていく中で常に強い負担が生じ続けてしまうのは、
上半身よりも身体の中間位置よりも下の腰から脚に

掛けてです。

腰の痛み/日常生活でツラい間欠跛行の対策法


脚や腰と言うのは歩行時は勿論の事、ただ立っているだけでも
常に負担を受け続けて居る訳ですから、足腰著しい疲弊感や


痛みが生じた場合には 直ぐに整形外科に行き、現状の身体の
具合を確認した方が良いです。


しかし、余程 緊急時で無い限り、即手術と言う事には ならない
でしょうから、結局の所、保存療法と言う形で ブロック注射や


服薬による効果が あるのか否か?と言うのを時間を掛けて
観察して行く事に なります。

足腰に痛みを感じた最初期に整形外科を受診する

しかしながら、先程も書いた様に 足腰の場合は日常生活の中で
常に負担を受け続けて居る部位ですから、保存療法中に


前回通院した時よりも痛みが悪化してしまう。と言う事は
よくあります。


なので、結局の所 日常生活の中で自分自身が足腰に負担が
掛からない様に工夫したり、様々な対策を施さなければ

状態の改善と言うのは 難しい事だと思います。


医師に任せっきり。と言うのでは足腰に関しては完治の時は
延々やって来ないか、もし その日が訪れたとしても

遥か先の未来になると思います。


なので、医師に総てを委ねるのでは無く、自分自身で
常日頃から足腰の痛み対策を施さなければ


ならないのです。

足腰の痛みの様々な原因と日常で気軽に行える2つの対処法

対策と言っても難しい物では ありません。


先に挙げた様に ストレッチやマッサージなど、ちょっとした
時間があれば何の道具も使わずに行えるものや、


温熱治療器が自宅に あれば腰周りを中心にジワジワと温めて
血行を促す様にしたり、道具を使う。と言う意味では


日常的に足腰への負担を小さくする為に杖を使用するのも
良いでしょう。


こうした日常での対策を行って行く事で少しづつ治療の
効果もはね居されて来ると思うので、気長に対策をしつつ

通院を重ねましょうね。


この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ