日常で知らず知らずの内に負担が蓄積している股関節

今日も1日中過ごし易い気候が続きましたね。


ここ数日は少し前までの朝方の強烈な冷え込みや
夕方以降の凍てつきが幻~っ、て感じる位


日中と朝晩との寒暖差が極端な程には無い様な気がします。


とは言え、何だなんだで朝と夜と日中の陽が昇っている
数時間との温かさと寒さのメリハリはハッキリしていますが

雨続きで極寒と言える程の空気感が持続した後だけに陽が
落ちた夕方以降も そこまで大きな冷えを感じないのかも

知れません。

冬場の凍える就寝時間を身体の底から温める発熱パッド

とは言え、油断したら あっという間に体調を崩してしまう
位には 依然として寒いとは思いますが。



ところで、日常生活を送って居る時に膝関節や腰などの
痛みは気づきやすいですし、敏感に対処しようと

するものです。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

しかしながら、腰や膝関節程には『いきなり痛む。』と言う
イメージが少ない股関節ですが、股関節も痛みが生じると

なかなか厄介な部位なのです。


と、言うか 私の経験上、腰や膝関節よりも股関節の方が
日常に支障を来しやすく、厄介な箇所だと思っています。


腰は腰痛サポーターで、膝は膝関節サポーターで、かなり
ガッシリと締め付けて固定する事が出来ますが、


股関節の場合は そうは行きません。

股関節サポーターを装着するのと同様に
大切なアフターケア



股関節は脚を1歩1歩踏み出す度に必ず可動する部位なので、
股関節サポーターに よる制御が効きにくいのです。


つまりサポーターを装着しても さほど歩行の助けに
ならないので、歩く度に痛みに堪えなければなりません。



結局、そうして傷んだ部位に対しては、その他の関節部位と
同様にアフターケアを施して筋肉を解す位しか日常で行える

対処法は 無いと思います。


なので、マッサージをしたり、ストレッチや温熱療法を
施して痛んだり疲弊感が溜まっている股関節を解しましょう。

日々、ストレッチやマッサージを重視して足腰の痛みを和らげる





この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ