日常の中で負担が掛かり易い腰を程良く休ませ、疲労を溜めない様にするには?

日々忙しく動いていると、どうしても疲労感が
身体に蓄積してしまいます。


猫背姿勢の人の場合、肩や首周りに その疲労具合が
顕著に現れやすいですが、猫背で無い人も特定の箇所に

疲弊感が現れやすいです。

僧帽筋や脊柱起立筋を意識的に鍛えて姿勢を整える

そえが腰周りなのですが、腰と言うのは身体を一直線の
棒とした場合に中心よりも下の位置にあり

必然的に日々の負担を受け続けてしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

こうした日々の負担が腰の状態悪化に繋がってしまうので
出来ればストレッチを西条的に行い、筋肉の強張った状態を

意識的に和らげたり、マッサージを行い筋肉の緊張状態を
解したいものです。


また、日々生きて行く中で姿勢を意識するのは大事ですが、
意識しすぎると今度は やはり腰の筋肉である脊柱起立筋の


過度な疲弊に繋がってしまうので、家に居て くつろぐ時には
姿勢を気にせずに 筋肉を緩められる様に


リクライニングソファーでリラックス姿勢を作ると非常に
腰周りのストレスから解放されるので お勧めです。

腰の負担を減らしリクライニングソファーで楽な姿勢を保つ



この記事へのコメント