晩秋の夕暮れは冷たい風が漂い、頬を刺激し人肌恋しさが増す特別な季節

今日は昨日ほどの強烈な寒さは感じずに、日中は
かなり快適に過ごせた印象でした。


しかし、ここ最近は ほぼ毎日同じ様に 朝は寒く、
日中やや暑い位で そして夕方から また冷え込む。


と言うルーティンを繰り返して居ましたが、昨日の
様な突発的な真冬並みの凍てついた空気が

漂い始めたと言う事は、そろそろ この ある意味で
一定のルーティンが崩れ始めて来て秋と冬との

境を跨いだのかな。と感じます。

急な冷え込みで足腰の内部に氷の塊が出来た様に痛む/
座骨神経痛


秋から冬に掛けての境界の時期は いつも以上に人肌
恋しくなる様な独特の空気感が漂いますよね。


特に夕暮れ時なんか、もう哀愁の漂い方がMAXに
達している様な気がするので、私は個人的に

晩秋の夕暮れが1年で最も好きなタイミングです。



しかしながら、哀愁感が好きだから。と、この時期を
楽しみ過ぎてしまうのは体調管理の面から言うと

あんまり良く無いですね。(^_^;)


先程も書いた様に 秋から冬へと完全に入れ替わりつつ
あるタイミングなので、やはり気候の変動から


体調を崩してしまい易いので、温かい布団の中で寝て
しっかりと身体を休める事が大切ですね。

冷えを連日感じ始めると腰など関節痛に影響する


この記事へのコメント