筋肉と乳酸と炎症と・・・・/足腰関節の痛み

日々忙しく動いて居ると、身体は疲弊し、そして
足腰を中心に関節の痛みとなって身体に現れます。



身体を動かす際には必ず筋肉が動きます。



筋肉は適度に動かし、そして休ませれば傷ついた
筋繊維が修復され、そして強く丈夫になりますが、




大きな負荷を掛けなくとも、長時間に渡って動かし
続ければ、当然の如く筋肉は酷使され続け、



一晩寝ただけでは回復が追いつかない位に身体中の
筋肉が疲弊してしまいます。




私の経験上、只でさえ身体を激しく動かす業務内容に
加えて、繁忙期が重なると、まさに一晩寝ただけでは




身体が全然回復しないで、疲れが残った状態のまま
また新しい1日が始まってしまう。という事に なります。




この時に、筋肉内部では血管の通りが鈍り、本来は
スムーズに排出される乳酸・老廃物が溜まり、



それが痛みの原因となるヒスタミンを発生させ、
炎症を引き起こすのですが、




炎症が起きた後は、関節部位に痛みが出始めて
日常生活の歩行などにも支障を来してしまう様に


なるので、出来れば日々の生活の中で少しでも
時間が出来た時にはストレッチやマッサージをして



筋肉の緊張状態を解して、血管の通りを良くして
血液の流れを促し、老廃物の排出を速やかに


行いたい物です。




ストレッチやマッサージをして伸ばしたり解したり
するのは、疲弊した身体では億劫なので、



そう言う時にはマッサージチェアなどを使うと、
楽に身体を解せます。


何しろ椅子に座るだけですから、自身は何の苦労も
する必要は ありませんので、試してみて下さいね。





この記事へのコメント