ストレッチとマッサージを行い、筋肉の強張りを解す

日々 忙しく動き回って居ると、身体全体に疲れが蓄積されて
行きます。


そうした時に、食事と睡眠と休息を充分に摂る事が出来れば
身体の疲弊感も ある程度 回復して行きますが、


しかし忙しい時の、食事内容と言うのは 栄養を考えるよりも
兎に角、たくさんの量を素早く食べて お腹を満たす方に意識が

向いてしまいます。


また、忙しければ忙しい程、充分な休息や睡眠を取る事が難しく
なり、身体の回復状態に大きな影響を与えてしまいます。


食事と睡眠を充分に摂る事が身体を健康に保ち続ける上で大切


疲弊し易いのは、やはり体重を支える脚や腰の筋肉(脊柱起立筋)
である事が多いですが、これらの部位に疲弊が蓄積して行き、

それが積もりに積もると、今度は筋肉が硬くなって、内部では
血液の流れが鈍くなり、乳酸・老廃物が正常に排出されずに

滞り、やがて炎症を起こしてしまいます。


足腰が痛む時は痛みの根本的原因を知り、対策を練る


こうした痛みが生じてしまうと、腰や脚が痛くて、思う様に
歩けなくなり、杖や関節サポーターの支えが無いと日常生活に

支障を来す様に なってしまいます。



なので、大切なのは筋肉や身体全体の疲弊の蓄積を感じたら
忙しい日々の中でも 合間を見つけてストレッチやマッサージを

行い、筋肉の強張りを解して柔らかくする事が大事です。


疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ


筋肉内部の血管の『管』の太さは 一定では無く、収縮したり拡張
したりします。



当然ながら、収縮して管が狭まってしまった時は、血液の流れの
勢いが弱まってしまいますし、管が開いている時には多くの血液が

正常に循環します。


疲弊感や温度により、血管の開き具合が影響を受ける訳ですが、
血液は酸素や栄養素を身体の隅々に運ぶ役目を持つ 一方で

血液が身体中に送り出される時には、ポンプの役目で老廃物を
吸い上げて排出させる様に働く機能も果たします。


血液の流れが鈍ったり滞ってしまうと言うのは、こうした大きく
分けて2つの面から身体に影響を及ぼしてしまうのです。


腰に疲弊感が溜まっている時は脊柱起立筋を意識的に緩める



こうした点を踏まえて、連日忙しくてグッタリと疲弊して居る
身体を『よいしょ、』と起こしてストレッチやマッサージに

時間を割くのは非常に億劫ですし、大変です。


出来る事なら疲れた身体を解してから就寝した方が良いと言うのは
頭では理解していても、怠さと倦怠感・面倒くささで後回しに

してしまいがちです。


疲れた身体でストレッチを行うのは面倒だ、と思った時に便利なのが
ハンドル操作で背筋を伸ばす事が出来る背中ストレッチアイテムや


マッサージパッドを使い、電動の力で疲弊感が強い箇所をマッサージで
揉み解してみるだけでも違います。


身体を折り曲げたりする事を考えると、思考の途中で『ストレッチを行う
と言う事』自体が途端に面倒に感じてしまう事が よくあります。


しかし、専用の台の上に寝て、ハンドルをグイグイやるだけで背中を
伸ばせるのならば全然面倒では無いですし、簡単に伸ばせるので

進んで行いたくなります。


肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋


また、マッサージも足腰の疲労が強い部位を手で解そうと思うと、
時間が掛かり、面倒だから止めよう。と なってしまいやすいです。


その点、ペタッと貼るだけでマッサージが行えるのならば手間が
掛からず簡単ですし、気軽に身体を解せますね。


日々こうした、面倒さを取り除くアイテㇺを活用して身体中の
疲弊感を癒しましょうね。


【疲れが溜まっている箇所にペタッと貼るだけの簡単マッサージ
パッドは こちら↓↓】



この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ