脚や腰が痛む時に衝撃を加えると悪化が加速する

が痛む時に衝撃を加えると悪化が
加速する、と言うのは 非常に当たり前の事なのですが、

しかしながら、それは明らかに痛む状況を自分から
招いているじゃん。と言う状況で無くとも


ごく 当たり前の日常生活で衝撃が伝わり続け、負担が
蓄積し続けて しまうのです。

日常で腰痛対策をするなら血流と炎症に特に気を付ける

や膝が痛む時と言うのは、何もジャンプしたり
走ったりしなくとも、当たり前に何も意識せずとも

日常で行う動作である『歩行時』にも1歩1歩 足を
踏み出す度に、ダメージが蓄え続けられてしまいます。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋

今回のタイトルは、が痛む時に衝撃を加えると
悪化が加速する、と言う物ですが、

二足歩行をする以上、頭から足先までを 仮に一直線とした
場合、各関節部位に歩行時の衝撃がガッツリと乗ってしまい、


あっという間に身体中痛めてしまう所ですが、幸いにも
人間の身体は 一直線では無く、


頭が ほんの少し胴部よりも前に出ていて、そして頭部と
身体を結ぶ背骨は緩やかなS字カーブを描いて居て、


そして、それに続く骨盤は頭後同じ様に、背骨よりも
ほんの少し前に出ている構造に なっていて、

そこから両が伸びている、という構造な為、
踏み出し、地面に足裏が接地する事で生じる


衝撃を足首から膝関節 股関節、骨盤、背骨と各関節が
緩く受け流して、1箇所に遺体が集中しない様に

出来ているのですが、足腰関節の何処か1箇所を
痛めただけで、この各関節の連動は遮断され、

痛めている関節部位にガッツリと負担が集中して
しまう様に なります。

身体の重心バランスが偏ると疲弊が溜まり、
痛みに繋がる


なので、ジャンプやジョギングなど如何にも足腰
負担が掛かりそうな動作を避けて居ても、

歩行は日常生活の中で 避け続けるのは難しいので、
マッサージなどのケアを普段から行って、

負担を溜め続けない様に しましょう。


この記事へのコメント