1日の食事回数は どうするべきか?

通常『食事を摂る』と言う時には朝・昼・晩のタイミングで
1日3回摂取するのが当たり前に日常の中で繰り返されていますが、


例えば、ウエイトトレ-ニングをして、身体を大きくしたい人は
1日3回どころか、2時間~3時間おきに栄養を摂り、常に身体の中に

途切れる事無く、行き届く様にして居ます。


ウエイトトレーニングを継続する為に健康的にダイエットを行う


何故、こうして3時間おき位のタイミングで小まめに栄養を
摂取するのか?と言うと、理由は簡単で、1度にドカッ、と

大量に食べても身体が1度に取り込める栄養成分には限界が
あるからです。


身体に吸収しきれなかった分の食物は、便で排出されるか
脂肪として お腹・腰周りに蓄えられてしまいます。


(勿論、特に減量期間で無い場合は、ある程度は脂肪分を
腰周りに蓄えたりしていますが。)

トレーニングと回復/身体を休めるのに日数を費やす


『食べ物から身体は作られる』訳ですから、細かい食事により
栄養を効率的に摂取しようとするのは、身体を強く大きくしたい

人に とっては当たり前の事ですね。


脂質を抑えた食事で身体を絞る


しかし、特に運動を行って、身体を大きくしたい、と言う目的が
無い人の場合、そんなに小まめに摂取しても食費の無駄に

なるだけなので、1回食事を摂るごとに4時間~5時間ほど空けて、
消化し終わってから朝・昼・晩の食事を摂ると言う今のままが、


経済的にも肉体的にも上手く栄養が回るので良いのかも
知れませんね。


【ダイエット用プロテインを日常生活の中に取り込む/
ダイエット用だけど美味しい↓↓】

この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ