37度~39度ほどの ぬるめの お湯で入浴し、血流を促進する

のんびりと お湯に浸かる為には、一瞬我慢して入らなければ
ならない程の熱い お湯に入ると交感神経が緊張してしまい、


血圧が20~30ほども上昇してしまう事も ある様です。



入浴する時に心掛けたいのが、入浴前・入浴中・入浴後で血圧の
変化を出来るだけ起こさない様に する事です。


暖炉型ヒーターでお風呂上りも冷えずにポカポカ


つまり、熱すぎる お湯に入るのでも、冷めた お湯に入るのでも無く、
37度~39度ほどの、『体温より ほんの少し高い程度』の ぬるめの

お湯に20分程度ゆっくりと入る事が 血流を促し、身体の疲れを癒す
と言う目的には適切なのです。


腰痛時に湯船に浸かり血行を促し筋肉疲労を和らげる


我慢して入る程の 熱い お湯に短時間浸かるよりも、ぬるめの お湯に
20分程、のんびり浸かる方が入浴後の保温作用が 長持ちするのだ

そうです。


そして、入浴以外にも血行を促すのに効果的な物が あるのですが、
それはニンニクを100度以下の温度で じっくりと加熱調理する事で


ニンニクに含まれる成分で あるアリシンがアホエンと言う成分に
変化し、血液サラサラ効果が高まり、代謝を活発にするのに

役立つのだ そうです。


入浴とニンニクを食べて 血液サラサラに なる様に代謝を高めて
身体の疲労を和らげましょう。



【2袋セットの黒ニンニクを食べて代謝を促すなら こちら↓↓】

この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ