心地良く眠る為には 適切な寝具と寝返りが大切

快適に眠ることが出来ずに、布団の中で何回も
身体の向きを変えたり、寝苦しくて眠れない

日々が続くと大変なストレスになってしまいます。


眠れない原因として、腰が痛くて寝姿勢が辛かったり、
身体が極端に 疲弊して居て、眠いのに眠れない。


と言う場合や、布団が硬くて、あるいは柔らかすぎて
イマイチ適切なポジションが見つけられず、

ズルズルと眠るタイミングを逃してしまい、いつまでも
寝付けない。等が あります。

腰痛時や身体の疲れが取れない場合には体圧分散マットレス

寝る時間は おおよそ決めては居てもガッチリと定まって居る
訳では ありません。


しかし、朝起きる時間(起きなければいけない時間)は
毎日定まって居る筈です。


なので、眠る時間が延びれば延びる程に、就寝時間も
短くなり、朝 目を覚ましても疲れがイマイチ抜けて居ない、

と言う事が あるので、自分の身体に合った硬さ・柔らかさの
布団と言う物は大切です。


そうして、自身の身体に合った体圧分散マットレスなどを
入手した後は、寝返りが打てるぐらいにのんびりと寝て、


快適な睡眠時間を過ごしましょう。


体圧分散マットレスで疲れた身体を休める

寝返りを打つ。と言うのは、布団に こもった湿気や
熱気を放出させる意味合いも あります。



冬場の場合は、熱が浸透した布団は暖かくて寝心地が
良いですが、夏場の場合は寝返りを打つことで


一か所に集中的に溜まった熱を寝て居る間中、空気に
触れさせるので、自然に寝返りを打つことで


不快な程の熱から解放されるのです。


また、寝返りには 重力が掛かって居る お尻や背中側に
血液が溜まって行ってしまうのを、


循環させると言う役割もあります。


名探偵が出てくる漫画などを読むと、死体の死斑から
死亡推定時刻を推理するシーンが良くありますが、


仰向けで 寝て居る時は、やはり背中側に血液が集中して
居るので、そういった事から推理が可能なのですね。

厚さ25cmの通気性良好な体圧分散マットレスで快適な眠りに就く



この記事へのコメント