一定量の脂肪は必要だけれど、溜まりすぎると病気の元になる

中性脂肪は 身体を動かす上での エネルギー源として使われるので
体内に蓄えられています。


肝臓でも合成されるのですが、基本的には食事をする事で、小腸で
吸収され、中性脂肪に なります。


糖質・たんぱく質は1グラムが約4キロカロリーに なりますが、中性
脂肪は1グラムが約9キロカロリーに なるので、エネルギーとしての

力は、非常に優れているのです。


なので、身体を動かす上で、ある程度の中性脂肪は必要なのですが、
蓄え過ぎてしまうと、今度は身体に脂肪が蓄積しすぎて肥満となり、

体内では悪玉コレステロールが増え始め、善玉コレステロールは減少し
動脈硬化を促進し、心臓病や脳卒中などの 危険も増えてしまうのです。


食べ過ぎて脂肪が気になる方に糖質制限サプリメント


なので、肥満を解消する事が身体の為に大切な訳ですが、中性脂肪量の
9割以上が食事による影響を受けた物だと言う事なので、大切なのは


『身体は食事から作られる』と言う認識ですね。


食事内容の見直しと、運動を計画的に行う事で ダイエット
効果を引き出せる



摂取するカロリー量を計算して、摂取カロリーが多いと感じたら、量を
抑えて、そして脚の筋肉と脊柱起立筋を中心に、軽い重量のウエイト

トレ-ニングで筋肉を動かし、筋肉量を増やす様に運動して行き、無理の
無い範囲内で有酸素運動も 取り入れて、脂肪を燃焼して行きましょう。


幾ら脂肪を減らす為とは言え、無理をしてしまうと、今度は足腰関節部位を
痛めてしまったりするので、無理してまで運動を行うのは避けましょう。


1日の総摂取カロリーを抑えて、健康にダイエットを行う


有酸素運動とウエイトトレーニングを同時に行えるマシン




【エアロバイクを使用して自宅で有酸素運動を継続的に行い、
脂肪の燃焼を促す↓↓】



この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ