食事内容を改善して 過度な脂肪の蓄積を抑え、ダイエットする

10代や20代前半の活発に動き回る頃には 身体のケアや体型の崩れなどは
そこまでキチンと 考えてる人は そう居ない、と思います。


若い身体で 居る内は、何だかんだ 風邪を引いても、2~3日で治っちゃい
ますし、足を挫いた時なんかも、何日か安静にして居れば完治するのも

早いです。



しかしながら、20代半ばを過ぎた辺りから そうした治癒力や身体の
各部位の機能は衰え始め、腰周りに少しづつ脂肪を蓄える様に

なってしまいます。



これは、肉体の衰えに加えて、仕事が忙しくなり、碌(ろく)に身体を
動かす暇も 無くなってしまうのが重なってしまう為、より顕著に身体に

反映されてしまうのだと思います。


中周波機器で脂肪下の筋肉を刺激してスリムなボディーへ


足腰が痛む時も食事内容を見直して、脂肪の蓄積を妨げる

そうした身体の衰え、筋肉の衰えに抗う為にはジョギングをしたり、軽い
重量でウエイトトレーニングしたりするのが良い対策になりますが、


そう言った時間も取れないと言う場合には、


せめて食事内容だけでも気を付けると、余計な脂肪を お腹周りに蓄えて
しまうのを防ぐ事が 出来ると思います。


食事内容の見直しと、運動を計画的に行う事で ダイエット効果を
引き出せる



脂肪を燃焼させる為のトレッドミルを使った有酸素運動


食事内容で大切なのは、年齢や その日の体調を考慮した食事を食べる事
ですが、基本となるのが『一汁三菜』です。



一汁三菜とは、『主食・汁物・主菜・副菜・副々菜』の事です。



これを意識する事で 比較的、食事内容のバランスを取り易くなり、お肉
ばっかり、野菜ばっかり、炭水化物ばっかり、と偏った内容に なって

しまうのを防げます。


食事のバランスを考える、と言う事は肥満や痩せすぎを改善する事にも
繋がるので、朝・昼・晩と食事を摂る時には是非バランスを

意識してみて下さい。



以前も書きましたが、太りすぎてしまい、体重が増えると足腰関節部位に
過度な負担が生じてしまい、激しい腰痛や膝関節の痛みなどに

繋がってしまう恐れが あるので出来るだけ自身の体型の変化に気づいた
段階で自分の体重で身体を動かす自重トレーニングなどの運動を

行うなどして、対策を行いましょう。


脂肪が増え、体重増加すると共に、足腰の痛みも強くなる


特に、腰周りの お肉と言うのは鏡で見ても、視覚的に捉えづらいですから
気づいたら『えっ、こんなに?!』と、なってしまう事が良くあります。



お腹は鏡で見れば一目瞭然なので、その陰に隠れて いつの間にか育って
しまいやすいのです。


背中・腰周りの筋肉の衰えと言うのは、例えばデスクワークが増えて
身体に とって楽な姿勢で居る内に脊柱起立筋が著しく衰えて


脂肪が蓄積しやすくなったり、あるいは身体を動かす仕事でも長年の
無理が たたり、腰に痛みを感じる様に なる事で、日頃から

腰痛サポーターを使用する様になった、などの要因がある場合は、
やはり、筋肉が腰周りを支える 役割が減ってしまい、脂肪が


つきやすくなる、と言うパターンも あります。


これらは中々気を付けるのが難しいのですが、食事と運動で
脂肪の蓄積に抗いましょうね。



【高たんぱく低カロリー食で身体を整える↓↓】


この記事へのコメント

最近の記事

人気記事

過去ログ