血液の流れを正常に保つ/血流が鈍らない様に注意する

顔や身体の浮腫みに 大いに関係がある血流。

身体の隅々にまで張り巡らされた毛細血管によって
全身に水分や栄養分を行き渡らせる働きを持ちます。


同時に余った水分、栄養分、そして老廃物をポンプの様に
吸い上げる役割もはたすのですが、


全身隅々に渡り 正常な身体を保つと言うのは
中々難しいものです。


水分、栄養や酸素を運びつつ、老廃物を吸い上げるという
精密な処理作業も 常に総てが 上手く行く訳ではありません。


その際にリンパ液が血液の 補助的役割を担うのですが、
それでもリンパ液の流れが悪くなると 老廃物や余剰水分の

吸い上げ処理が上手く出来なくなり、その結果、顔や身体の
浮腫み などに繋がる訳です。



そうした処理が上手く行かなくなる要因としては、身体の
過度な疲弊や、あるいは気温が低い時に血管が収縮して

身体に送る血液量が少なくなる為などが挙げられます。


気温が低い冬などは こうした流れで身体に巡る血液量が
少なくなり、指先が冷たくなったりと 直ぐに

自覚できる程の影響が出やすいです。


身体の過度な疲弊の場合には、筋肉の強張りが続くと
筋肉内の血管が圧迫され 血液の流れが悪くなり、

血液が運んで来る 酸素の量も不足し、筋肉の
エネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を

起こしてしまう。


そうなると、筋肉の機能・動きが低下するだけでなく、
乳酸などの痛みを引き起こする廃物が蓄積して


凝りや強張りが益々悪化してしまうという悪循環に
陥るのです。



過労がやがて腰部の痛みとして現れ始めた時に
役立つアイテム




腰の疲弊・痛みで歩くのが辛くなったら
腰部の筋肉を緩める


腰の痛みや肩の凝り、首の張りなどは出来るだけ早い段階で
対処したいものです。

腰痛対策などを施す時には、血流の巡りも意識したいです。




なので、顔や身体の浮腫みや身体全体の疲労感が
抜けない日々が続いているな、と感じたら


温かい お湯に のんびり浸かる等して血管が
広がり易いように する事が大事です。


先程寒い冬には血管が収縮してしまい、皮膚に
届く血液量が少なくなる、と書きましたが 反対に


暑い夏場は発汗性の交感神経が働き、汗が出ると
共に皮膚から熱を発散しやすい様に血管が広がる為です。


血管が広がれば 血流も促され、血液も役割を果たし
やすくなるのです。


ジョギングやウエイトトレーニングなどで心臓の鼓動が速くなると
血流も上昇し、多くの血液を身体中に届ける様になります。


有酸素運動とウエイトトレーニングを同時に行えるマシン



ジョギングやウォーキングで有酸素運動を行う




この記事へのコメント